タグ「備忘録」が付けられているもの


フォームボタンを画像にするとhistory.backで前のページに戻ることができない件。 input type=imageを使うと、onclickで指定してもsubmitボタンとして扱われてしまうので


これでは戻ることが出来ません。

IE6や5.5でfloatしたボックスがおかしい(倍になる)件。

今までアンダーラインハックとかして無理くり調整していましたが、display: inline;入れると解消できるそうです。

なんでやねん。

どちらも納得いかない回避方法ですが、こっちの方が楽だし問題も起きにくそうなので覚えておこうかと。

フルスクリーンFlashでwidthとheightを100%にした際に、IE以外のFirefoxなどのブラウザで高さが100%にならないバグ。

これは、親コンテナの高さを 100% に設定することで回避できます。

<style>
html, body { height: 100%; }
</style>

doctype を削除することでも解消するらしいので詳しくはAdobeで...
高さ100% の Flash のバグについて

Javascriptを使用してひとつ前の画面に戻る方法。

メールフォームなどで、前の画面に戻って修正するためのボタンなどはこの方法が簡単なのでよく使用しています。

サブウィンドウなどをjavascriptで閉じる方法について。

自分がここからコピペして使いたいだけですが、ご紹介。

Webサイトをセンター合わせのデザインにする場合、例えば

<div id="container">コンテンツ</div>

のをセンタリングする場合、スタイルシートは

#container {
    margin-left: auto;
    margin-right: auto;
    width: 760px;
}

などとすれば、IE7、Firefox、Operaなどは問題なくセンターリングされますが、IE6ではブラウザのバグによりセンタリングされません。

忘れないようにメモ

スタイルシートで2段カラムや3段カラムのレイアウトをおこなう際、親ボックスの中の子ボックスをfloatしますが、そうすると親ボックスに指定してあるはずの背景画像が表示されなかったりすることがあります。

散々なやんで色々調べた結果、clearfixハックの存在を知り、この問題を解消することができました。
他の部分でも、floatを使うことがありますが、brや空のdivにclearを指定したりしなくて済むので、それ以降なにかと使うことが多くなりました。大変便利なテクニックですね!

« 前  1  次 »

RSS

楽天おすすめ

Tag Cloud

SEO対策

Sponsor Site

Category

Archives

Amazonおすすめ

Copyright © 2008 Trendspotting All rights reserved.