ホームページ制作の最近のブログ記事


現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。

というメッセージが出て以降なにもできなくなる症状。 一瞬嫌な汗が出そうになりますが、直前にアップデートをしていたりすると、ほぼそれが原因。アップデート完了前に操作をしてしまったり、アップデートボタンを2回クリックしてしまっていたりする場合が多いようです。

FTPでサーバにアクセスしてwordpressのルートディレクトリにある(たぶんあるはず)「.maintenance」というファイルを削除すれば解決します。

カラーの略称をふと思い出せなくなっちゃうことがあるので、良く使うカラーの名称や略称をメモ...

カラーの名称・英語表記・略称

カラーColor2文字略称3文字略称
ブラックBLACKBKBLK
ブラウンBROWNBNBRN
レッドREDRDRED
オレンジORANGEORORN
イエローYELLOWYEYEL
グリーンGREENGNGRN
ブルーBLUEBUBLU
グレーGREYGYGRY
ホワイトWHITEWTWHT
ピンクPINKPKPNK

短い方が良いのだけれど、英語のできない自分にとっては3文字のカラー略称の方が何色だっけ?となりにくい気がします。

Wordpressの記事一覧でタイトルや記事抜粋を表示する際に、文字数を制限する。
最後に「...」を付ける。

など方法は、検索するとよくみかけるのですが、制限文字数以内でも「...」を付けてしまうので、制限文字数以内なら「...」を付けない方法を探してみました。

例:タイトルの場合

post_title) > 30) {
echo mb_substr(the_title($before = '', $after = '', FALSE), 0, 30) . '...'; } else {
the_title();
} ?>

これでバッチリです。

が、マルチバイトだと文字数がアレなので微調整ががが。

option要素等々は、付けておりません。
はっきり言って自分用です。


option要素等々は、付けておりません。
はっきり言って自分用です。


かなり焦りました。

調べたら、たくさん出て参りまして、PhotoshopのPSDから、ライブエフェクトを適用しているレイヤーをドラッグ&ドロップでコピーすると開けなくなるという記事が殆ど。

はい。それやりました。

改善方法はFierworks8で開いてライブエフェクトを解除するということでしたが、MXでも大丈夫でした。

急いでいたために、色々な手順をスキップしてとにかく形を出したかったので、途中のバックアップもなく、これできなかったら丸一日逆戻りするところでした。

既出なのでいいかなとも思いましたがMXでも出来たというところ、私が多くのブロガーさんに助けられたように、ちょっとの違いでも残しておくことが大事かなーと思い、記事にしてみました。

<?php
$i
=0;
$parent_title[$i] = ' &gt; '.get_the_title();
$parent $post;
while(++
$i) {
       
$parent_id $parent->post_parent;
       if (
$parent_id) {
               
$parent_title[$i] = ' &gt; <a
href="'
.get_permalink($parent_id).'">'.get_the_title($parent_id).'</a>';
               
$parent get_post($parent_id);
       } else {
               
$parent_title[$i++] = '<a href="'.get_bloginfo('url').'">ホーム</a>';
               for(
$n=$i;$n>-1;$n--) {
                       echo 
$parent_title[$n];
               }
               break;
       }
}
?>

Dreamweaverでサイトを制作中に突然落ちる(強制終了)してしまうことは、よくあることですが、それ以降Dreamweaverで対象サイトのファイルを開こうとすると、落ちてしまうことがあります。(どのファイルでも落ちる)

原因は色々あって、全てがこのケースに当てはまるとは思いませんが、簡単にトライ出来るので、再インストールなど面倒な作業を行う前にやってみる価値はあると思います。

あくまでも、Dreamwerverでサイトの定義をおこなって作業している場合です。

サイトの定義(サイト管理)から、ローカルルートフォルダを設定しなおす。
それでもダメな場合は、対象のサイト定義を1回削除してから、再度設定しなおす。

これだけ^^

既に公開されているサイトのフォームメールを、共用SSL対応にすることになったのですが、結構なページ数のために面倒だなーなんて思っていたんです。でも、ふと思ったのが.htaccessでリダイレクトしちゃえばいいんじゃないかと!!!!

今までもそのような依頼があったのですが、そんな事は考えもせず、セコセコとやってましたよ...ずっと。

やってみたら、問題なさそうです。
IEだと外部CSSとか画像のパスも変えないと、「セキュリティで保護されている項目と保護されていない項目が含まれています...」と警告が出てしまうので、この部分もリダイレクトかけちゃおうかと思い、やってみたのですが、警告が出てしまう。

「あれ?おかしいな」としばらくごにょごにょやってみたのですが、どうしても出てしまうので、しかたなくフォームとCGIで読み込んでいる画像やらCSSやらJSやらのパスを書き換え、Flashのパス書き換えるところで発見。

まだAC_RunActiveContent.jsとか使っていたので、http://fpdownload.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/....みたいなhttpの記述部分が何箇所か。

そうか!ここもs付きにしなきゃいけないんですね。Σ(゚Д゚;)

Javascriptでブラウザのサイズを取得して、あらかじめ数種類(デモでは7種類)設定したBody要素のclass名に書き換えて、リキッドレイアウトを実現させるテクニックがA List Apartさんで紹介されています。

A List Apart: Articles: Switchy McLayout: An Adaptive Layout Technique
デモページを見て参考にするしかなさそうですが、非常に簡単に実装できます。

RSS

楽天おすすめ

Tag Cloud

SEO対策

Sponsor Site

Category

Archives

Amazonおすすめ

Copyright © 2008 Trendspotting All rights reserved.