起動直後ブルースクリーンDRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL(iaStor.A.sys) Windows10

user-pic
0

Windows10にアップデートしてからたまにブルースクリーンが出るようになりました。
Windowsを起動してスタートアッププログラム群が立ち上がる最中になることが多いのですが、毎回ではないのと、ブルースクリーン後再起動されると普通に使えるのがイマイチ腑に落ちないですね。

DRIVER IRQL NOT LESS OR EQUAL、iaStor.A.sysなどについて調べてみると、Intelチップセット用のRAIDドライバであるインテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー が原因で発生することが多いようです。

このPCに入っているのはどうやらインテル® ラピッド・ストレージ・エンタープライズ(バージョンは確かに古い)
しかも、iaStor.A.sysをPC内で発見できない。

以前入っていたドライバがなくなって、情報だけ残ってる?

これはあれだな、自分の場合よくあるパターンで手探りで何か入れたり消したりして悪化させるやつ。
じっくりと調べて、復元の準備までしてからやらないと泣きを見る。

という訳で、では続きは時間のある時に...と思った矢先、外国のサイトでSpeedFan何やらという記事を発見!
読んでも意味が良く分からなかったのですが、関係がありそうな内容でした。
確かにブルースクリーンが発生するタイミング的にはこちらの方が、関係ありそう。
暫くチェックしていなかったのですがSpeedFanのバージョンも古い。
こっちは気楽にできるので最新版4.51にアップしてみました。

それから、1週間経過しましたが、今のところブルースクリーンは発生せず。
これが原因かなという気がしていますが、iaStor.A.sys問題は気持ち悪いので様子をみながら調査を続けてみようと思います。

PS.ブルースクリーン発生しました。どうやら原因はSpeedFanではなかったようです。
色々調べて、やはりインテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジーあたりが怪しい。

ブルースクリーンは頻度が上がったようで起動の度にほぼ発生するようになり、数回再起動してたまたま?上手く立ち上がったら使用開始できるような状況です。

PS.CrucialのSSD、Acronis True Imageなどで、組み合わせによって同じ症状が発生している事例を見かけたので気になってはいたのですが、Acronis True Imageの2016年4月アップデートにて改善した模様。
またしばらく様子を見てみたいと思います。

PS.また頻発するようになったので、違ったようです。

マイクロソフトコミュニティの記事

エラー内容は異なるのですが、同じような原因かと思い確認したところ、標準 SATA AHCI コントローラーが選べたので、設定してみました。
2ヵ月以上ブルースクリーンの発生はなく、改善したとみてよさそうです。
この設定変更による不具合は、私には分かりませんので自己責任でお願いいたします。

関連のありそうな記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

RSS

楽天おすすめ

Tag Cloud

SEO対策

Sponsor Site

Category

Archives

Amazonおすすめ

Copyright © 2008 Trendspotting All rights reserved.