Vistaにしたら正常に動作しなくなったアプリ

user-pic
0
Vistaにしたら正常に動作しなくなったアプリケーションがちらほら。
古くからあるもので、インストールせずに使用できるフリーソフトなどが多いのですが、機能としてシステム関連の操作をおこなうものに多く見られます。

Vistaには新しいセキュリティの強化としてUACが搭載されましたが、どうやらこのあたりが原因になっているようです。
起動はしても、設定が反映されない、機能しない。でもエラーも出ない。
などの場合、管理者として実行すると正常に動作することがあります。
xxxxx.exe (アプリケーション実行ファイル)を右クリックし、管理者として実行。
ユーザーアカウント制御ダイアログが出て、実行の許可をすればOKです。

毎回右クリックが面倒な場合は、一度右クリックしてプロパティの互換性タブ→特権レベルの管理者としてこのプログラムを実行するにチェックを入れると次回より、実行ファイルダブルクリックで管理者として実行できます。
(ダイアログはでますが...)

VistaはXPに比べて、このUACによってかなり安全なOSになったのではないかと思いますが、ことあるごとにこのユーザーアカウント制御ダイアログが出てきて面倒ですね。
いっそのこと無効にしてしまうのも手ですが、ウィルス対策ソフトと同じで万が一の事態を防いでくれるかもしれないという安心感のためにもう少し付き合ってから決めたいと思います。

関連のありそうな記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

RSS

楽天おすすめ

Tag Cloud

SEO対策

Sponsor Site

Category

Archives

Amazonおすすめ

Copyright © 2008 Trendspotting All rights reserved.