X3350(Q9450)オーバークロック耐性は噂どおりか

user-pic
0

oc01.jpg今回新しいマシンを組むのにQ9450(X3350)発売を待ったのは、3Ghz以上で常用したかったから。Q6600でもよかったのですが、同じ3Ghzあたりで使うなら新しい方が少しでもよいのではないかと思ったからです。

というわけで、オーバークロック。

噂では3.6Ghz位までが常用範囲とのことなので試してみました。

構成はコレしかないので

CPU:Intel Xeon X3350
CPUクーラー:ZALMAN CNPS9700NT
マザー:ASUSTeK P5E
システム用HDD:Westan Digital WD1500ADFD
データ用HDD:HITACHI HDP725050GLA360  ×2
光学ドライブ:Pioneer DVR-S15J-BK
電源:Seasonic SS-600HM
グラボ:GIGABYTE GV-88T512HP
メモリー:PATRIOT PVC24G400LL (2GB×2)
ケース:LianLi PC-A07B
OS:Windows Vista Ultimates SP1

CPUロット:L806A738
産地:MALAYSIA

【結果は】
動作クロック:3440Mhz
FSB:430Mhz
Vcore:1.28125V
Vdimm:2.0V
DRAM Frequency:860Mhz
DRAM Timing:5-5-5-15

CPU温度アイドル時:#0 52度 #1 52度 #2 44度 #3 44度 (Coretemp0.96)
負荷時::#0 71度 #1 71度 #2 68度 #3 68度

Prime95を4時間くらいしかテストしていませんが、いけそうです。
同じ電圧ではFSB440Mhz起動しませんでした。
まだ粗くしか調整していないので、上を狙うというよりは安全・安定性の方向で時間がある時にもうちょっと詰めてみたいと思います。
負荷時のCPU温度が少し気になりますが、こんなもんなんでしょうか?
噂・想定の範囲内ということでヨシとしますか。

 

関連のありそうな記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

RSS

楽天おすすめ

Tag Cloud

SEO対策

Sponsor Site

Category

Archives

Amazonおすすめ

Copyright © 2008 Trendspotting All rights reserved.